いろんな歯ブラシ

そもそもブラッシングは、現代においては、決して1日では終わらず生涯続けなければいけない衛生的活動の一つだといいます。

衛生的活動は必要最低限度の健康的な生活を送るためにも欠かせないものだと言えるでしょう。

そんなブラッシング用の用具の中で、もっともメジャーなものが歯ブラシです。

 

 

最近の歯ブラシの中には、歯茎をマッサージする、という役割を担っている歯ブラシもあるようです。

これは、かつては見られなかった、歯ブラシのタイプではありますが、確かに、病気の原因となることが多い、歯茎の健康度の低下というものは、歯茎にあまり刺激が来ないために、歯茎と歯茎の間が、ゆるく衰えて言ってしまうということが、原因として、よく言われているようで、このような事態を、防ぐために、日常の歯ブラシによる、ブラッシングの際に、歯ブラシが当たることで、それが刺激となり、歯茎が引き締まっている、ということが、研究結果としても、上がっているという風に聞いたことがあるような気がします。

そのため、ブラッシングをする際には、歯茎にも刺激を与えるということを意識しながら、ブラッシングをしておくと、歯を健康に保つことができるのではないでしょうか。

 

また、歯ブラシに関して言えば、歯と歯の間に、しっかりとブラシが入っているか不安である、という人もいるかもしれません。

そのような人は、山切り型の歯ブラシを使ってみることを、お勧めします。

このような、ギザギザの形状になっている歯ブラシは、ただ磨くだけでも、歯と歯の間にブラシの先が入り込み、磨きにくいとされる隙間を、綺麗に、磨くことができる、と言われているようですし、特に、歯並びに、不満を、持っていない人でも、このような山切り歯ブラシを使って、磨いてみることで、自分自身の歯の状況について、ここが、磨けていなかったのか、などという風に、新たな発見ができる可能性はないとは言えないでしょう。