デンタルフロス

歯ブラシのサポート的な立場の道具のひとつとして、デンタルフロスというものがあります。デンタルフロスは、持ち手に対して、垂直に細い糸が、何本もかけられている道具で、歯ブラシでは、なかなか届くことができない、歯と歯の間に対して、汚れをごっそりと取ることができることから、昔から、よく使われてきた、ブラッシング用具の一つ、であるといえるでしょう。

歯と歯のあいだの、プラークをとる、という一点に関して言えば、歯間ブラシよりも、効果が高いと言える可能性が、あります。

 

デンタルフロスの良いところは、普段、糸がしっかりと通っていた所が、あまり通らなくなってきたりした場合に、病気の可能性を疑うことができる、ということです。

もしも、虫歯や、歯周病などで、歯にかけが出てきてしまった場合などには、そのような事態が、想定できるからなのです。

 

しかし、この、デンタルフロスも、自分自身の、歯や歯茎の状態に合わないものを使ってしまえば、そのような、事態を促進してしまう、ということにも、なりかねませんから、注意をしておくことが、重要だと言えるのではないでしょうか。

デンタルフロスも、非常に昔と比べて、安い値段で手に入れることができますから、積極的に活用していくことが、お勧めできると言えます。

デンタルフロスや、歯間ブラシは、自分自身ではなかなか手を届かすことができない部分を、しっかりと磨ける、という点において、しっかりと使っていくことが、重要だと言えるでしょう。