歯間ブラシ

歯間ブラシは、歯と歯の隙間が、非常に広い人などには、有効な手立てとなりそうです。

虫歯の治療をした後、ポケットとなっている場所などや、歯が抜けてしまって、歯ブラシで磨くにはやや痛いが、優しく磨いてみたい、という人には、おすすめできます。

 

また、歯間ブラシには、いくつかサイズがあり、 SSS サイズ、 S サイズ、 M サイズなどという風に、サイズが非常に細かく分かれているところも特徴的なところです。この、サイズというのは、中心を通っている針金のサイズにも繋がっておりますから、みなさんもドラッグストアやコンビニなどで売っているものを確認してみるといいかも知れません。

例えば、歯茎が狭い人が 、M サイズの歯間ブラシなどを使ってしまうと、とまらないレベルの出血を招きかねないということは、自分自身の体験からも、確かに言えることだと、言えるでしょう。

歯間ブラシを選ぶときには、自分自身の歯茎が、どのような状況にあって、どのような隙間が空いているのか、ということを、判断することが重要なので、

まずは、一番細い、 SSS サイズの歯間ブラシなどを使ってみる、といいかもしれませんね。

 

そして、何よりも重要なのが、歯ブラシなどの、ブラッシングをする際にもそうですが、必ず、自分自身の歯を鏡で見ながら磨くということが、重要だと言えます。

もしも、鏡を見ずに、自分自身の手の感覚だけで使ってしまうと、大きな怪我にも繋がりかねませんから、必ず、鏡などを見ながら、ブラッシングを、していくように、心がけておくと、良いのではないでしょうか。

 

昔は、中心の素材に、針金が必ずと言っていいほど使われていた、歯間ブラシでしたが、最近では、柔らかいゴムなどが使われるようになり、使う側への配慮がなされている様子が、伺える点は、評価できるところだと思います。

それでも、自分自身に合わない、歯間ブラシを使ってしまえば、十分に効果を発揮することはできませんから、歯科医院などに入って、どのような歯間ブラシを、使えばいいのか、ということを、専門家に聞いてみるということがおすすめだと、言えそうです。