口腔環境による歯ブラシの分類

【歯周ポケット用】

歯肉溝や歯周ポケットに毛先を到達させる、バス法用の歯ブラシがあります。

毛の硬さはやわらかめで、直線平切りになっています。歯肉の改善度に合わせて、植毛を1列→2列→3列と変えていくものも選ぶことができるようです。

また、柔軟性に富む先端極細加工を採用し、特に歯周ポケットを意識して当てなくても毛先が入り込みやすいように設計された歯ブラシもあります。

【歯肉マッサージ用】

ローリング法に適した歯肉マッサージ用の歯ブラシもあります。

毛束は直線段切りで疎毛、毛の長さは長く、かためで弾力があるように作られています。また、スラッピング法と併用できるタイプは、直線ヒラ切りや段切りになっています。

毛の硬さはやわらかめ〜とくにかためまで、歯肉の状態によって選ぶことが大切です。把柄部にマッサージ用のラバーチップが付いているものもあります。

【インプラント用】

インプラントには十分な清掃管理が必要ですが、磨きにくくて清掃が行いにくいため、状態に適した歯ブラシを使用する必要があります。

インプラント部分は周囲の軟組織を傷つけないように毛の硬さがやわらかめの歯ブラシを使用します。毛が軟らかく長めで術後のケアに適したもの、植毛部の幅が細くて2列植毛で歯頸部に当てやすくしたものがあります。また、歯ブラシが届きにくい部分などには、山切りカットで毛の軟らかなタフトブラシが使用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です