清掃部による歯ブラシの分類

【歯間部】

もっとも汚れやすくて、かつ清掃がしにくい歯間部。個人によってその形態や状態は異なりますが、一般的にはデンタルフロスや歯間ブラシ、タフトブラシなどを使用されます。歯ブラシの刷毛部は、直線平切り型、直線段切り型、山切り型などが適しています。

歯肉退縮などで歯間空隙がある場合の歯間清掃用歯ブラシは、かための毛が1列に植毛されています。歯間部の清掃と歯肉マッサージを効率よく行うために、長めの毛をV字型に2列植毛した歯ブラシもあります。

【歯肉部(粘膜)】

口腔機能が低下している人や、義歯を装着している方などは、歯肉や口蓋などの口腔内の粘膜に汚れが付着しやすく、誤嚥性肺炎や口臭の原因になります。

歯肉や粘膜には毛先が細くて軟毛の歯ブラシが選ばれます。口腔粘膜清掃用の歯ブラシは、頭部が大きく、軟らかい毛で広い粘膜面を効率よく清掃しやすいようにできています。また、ワイヤーの先端に軟毛が球場に植毛されているブラシや、粘膜の清拭に用いるスポンジブラシなどがあります。誤嚥しやすい方のために吸引機能のついた製品も販売されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です