歯ブラシの基準規定

普段私たちが日常的に使用している歯ブラシには、機能・安全性などの面で日常生活用品としての基準が設けられています。このため、市販されている歯ブラシは、どれを使用しても、歯を磨くという行為において問題が起こるはずがありません。しかし、機能面においてはこの基準だけでは十分ではないという専門的見地から、もう少し詳しく細かい基準が必要とされました。そこで1962年に厚生省(現在の厚生労働省)は、歯口清掃の意義、その方法や手段、用具およびその材料などについて詳しくまとめました。そのなかの「使用用具および材料について」という項目で、歯ブラシは第一に挙げられています。このまとめによれば、歯ブラシは「日常の手入れとして、歯や口のうち、自浄作用では清掃できないところを十分清掃するために用いられる用具である」と定義され、「歯ブラシの所要条件」「歯ブラシの選択基準」が明確に表記されています。
歯ブラシは、誰でも容易に購入できる生活必需品、かつ毎日の口腔清掃に欠かすことのできない衛生用品です。したがって、効果的に口腔清掃ができることはもちろんですが、安全性が確保されていなければなりません。日本では法律によって、市販されている歯ブラシの安全性が保証されています。歯ブラシの品質は詳細に規定されており、柄の材質、毛の材質、毛の硬さ、耐熱温度などの表示が義務付けられているのです。また、国内の基準とは別に国際規格として定められているものもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です