電動歯ブラシの選び方

電動歯ブラシには、さまざまな形態や動きのものがあるので、それぞれの特徴をよく理解した上で、自分に適した電動歯ブラシを選ぶことが重要になります。電動歯ブラシを使用している人の多くは、手用歯ブラシよりも高いプラーク除去効果を期待していますが、専門家の指導に沿った正しい使い方をしないと、その効果に差は出ないと考えられています。手用歯ブラシにくらべて電動歯ブラシは高価な用具となるため、全体の重さ、握りやすさ、使用感、買え歯ブラシの交換のしやすさなども見極めて選ぶと良いでしょう。
電動歯ブラシの刷毛部は、奥歯をより磨きやすくするために手用歯ブラシよりも小さめで、毛の硬さは電動で動くため力の加減が難しいので、やわらかめのものが一般的です。形態は手用歯ブラシと同じ型のものが多いですが、中には円形型や小歯ブラシ型をしたものや、歯周ポケット内を清掃するためによりやわらかい刷毛のもの、細部を清掃するためのワンタフトブラシのもの、歯間部分を清掃するための歯間ブラシ型のものなどさまざまです。スペアブラシも必要になりますが、国産品にくらべて海外でつくられた輸入品には入手しにくい場合もあるので注意してください。
電動歯ブラシの特徴として、ブラシの運動にもさまざまなものがあります。従来の電動歯ブラシは、刷毛部分が往復運動や回転運動、複合的運動をし、その機械的な運動によりプラークを除去しています。歯面に歯ブラシの毛先を当てて、上手に操作することができれば十分な除去効果が得られ、時間の短縮にもなりますが、歯間部の清掃はそこまで得意ではないので、歯間ブラシやデンタルフロスとの併用が必要不可欠です。また、ブラシの振動は、口腔粘膜の良い刺激にもなり唾液の分泌を促す効果がありますが、振動が大きいため、粘膜を傷つけないように注意が必要です。
一方、超音波歯ブラシや音波歯ブラシのように刷毛部が微振動運動をする歯ブラシは、ブラシの機械的な運動に加えて、音波による振動が唾液などの水分を振動させるので、口腔内に微細な小泡を発生させることができます。このおかげで、歯ブラシの毛先の数ミリ先にまでも作用し、より高い清掃公開を得たり、歯周組織を活性化させるとも言われています。
現在、超音波ブラシは市販されていないので、従来の電動歯ブラシと音波ブラシの中から、自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です