噛む力と生きる力

歯磨きという行為は、口腔内を清潔にし、むし歯や歯周病といった感染症を防いでくれるという効果が期待できる行為です。それに付随して、健康な歯を保ち、自身の歯で食物を「噛む」ことによって得られる効果の重要性が注目されていると言われています。例えば、ほとんど寝たきり状態だった人が、自分の歯で食事ができるようになった事で、奇跡的に歩行ができるようになるまで回復したという事例があると言われています。これは、歯磨きをする事によって手や指を動かすだけでなく、歯の健康を取り戻し、噛むという機能を保つことで脳が活性化され、寝たきりや認知症の予防・治療にもつながると考えられているようです。この時に大切なのが、自分の健康を自分で守るという目的と意志と言えるでしょう。歯医者さんに言われたからとりあえず磨いとくというような曖昧な習慣は、セルフケアとして成立しないと言えるでしょう。また、第一に継続が困難であるとも言えるでしょう。歯が全て抜け落ちていない限り「時すでに遅し」ということはありません。これまで歯に向き合ってこなかった点を自覚し、反省し、これからの自身のあり方を目的に昇華させて習慣化することが大切と言えるのではないでしょうか。その意志というのが、目標達成への一番の力になるとも言えるでしょう。歯の健康を取り戻し、自身の歯で「しっかり噛んで食事をする」ことにより、人生はもっともっと楽しく、美しいものになると言えるのではないでしょうか。未来予想図が予想図のままで終わらないよう、目的意識と自身の意思を忘れずに歯磨きすることが、最大の健康管理であり、何よりのセルフケアになるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です