歯の磨き方

歯ブラシをする時のポイントとしては、なるべく歯ブラシを歯に密着するような形でくっつけるということが重要だと聞きます。特に、歯ブラシの先っぽの部分を歯茎に当てた上で丁寧に力を入れずにゆっくりとブラッシングをしていくことが理想のブラッシング像と言えるかもしれません。

また、多くの人が気づいていないことですが、歯ブラシの先っぽを歯茎の根元のポケットと呼ばれる部分に当ててブラッシングをすることで、プラークがたまりやすい部分をしっかり丁寧に掃除しておくことも必要です。

このようにして磨いていくためには、自分自身の適切な歯ブラシの角度を見つける必要があるわけですが、最初のうちはなるべく歯茎に歯ブラシを当てるという意識を持ってブラッシングをすることが一つのコツと言えるでしょう。

歯周ポケットと呼ばれるものを、綺麗にしておくことで歯周病や虫歯などを適切に未然に防ぐことができるということは確実に言えるでしょう。歯周ポケットは、歯の生えている向きに従って狭くなっているため慣れない限りはなかなか一度でこの部分を磨くことは難しいため、骨に従って何度も何度も繰り返していくことがおすすめだと言えます。また時には歯ブラシを捻って使うということも重要だといえます。歯ブラシをねじることで、毛束の先を小さくすることができればより細かい場所まで掃除をすることが可能になってくるわけです。特に、奥歯などの鏡を使っても見えないような場所を磨く際には、歯周ポケットにしっかりと歯ブラシの先を届かせる必要があるわけですから、このようにして自分自身の感覚に従って磨いていくということが重要だと言えるでしょう。このような狭い場所を磨く際に特に重要となってくるのが、あまり大きく歯ブラシを動かす必要はないということです。汚れをしっかりと落とすためにはこまめに少しずつ震わせるようにして磨いていくということが重要だと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です