定期的な歯科健診

歯や口内に痛みや違和感があれば、歯科で受診をしようと考えるのが一般的です。しかし、問題がなければ歯科に行かなくてもいいというわけではありません。歯と口内の健康のために、歯科健診は定期的に受診した方が良いでしょう。自分で見て問題がないと思っていても自覚症状がないという場合も多いそうです。半年に一度、長くとも一年に一度は受診しましょう。
歯科健診では、さまざまなチェックを行っています。まず、分かりやすいもので歯のチェックがあります。虫歯は、歯の間や裏など自分で見えない位置にもできやすく、放っておけば広がってしまうために早期治療が必要となります。虫歯がないという場合でも歯垢(プラーク)がたまっていることもあります。歯垢がたまった状態では虫歯や歯周病の原因になりますので、取り除いてもらいましょう。歯石は、染め出しなどでチェックができます。これにより、どこに歯垢が付きやすいかが分かりやすく、今後の歯みがきの参考にもできるでしょう。歯の状態と合わせて、歯茎の状態も行われます。歯茎(歯周ポケット)が状態では歯周病になりやすいため、必ず確認をしてもらいましょう。
他にも、歯科では口内に関する相談に乗ってもらえます。特にブラッシングについては、人によって歯並びや磨き方の癖が違うために、しっかりと指導をしてもらう必要があります。歯ブラシだけではなく、歯間ブラシやフロスなど補助的な物の使い方も学んで、正しい歯のケアを身につけましょう。口内だけではなく、歯科によっては顎関節症などの噛み合わせ、嚥下(飲み込むこと)についても確認してもらえるそうです。歯科によって得意としていることも違っていますので、相談の前に電話などで確認してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です