乳児期から学童期の注意

歯や歯茎の状態は年と共に変化をしていき、合わせたケアも行わなくてはいけません。
乳児期は、8ヶ月頃から乳歯が生え始め、3歳になる頃には上下でそれぞれ10本ずつ生え揃います。虫歯の原因となるミュータンス菌は大人の口内に存在します。唾液を介して大人から子どもに移りますので、同じスプーンを共有しないなどの工夫が必要です。同時に、親のオーラルケアを見直す機会にもなりますので、大人であっても口内を綺麗にする意識を持っておきましょう。この時期の子どもは歯ブラシに慣れる必要があるので、トレーニングも必ず行いましょう。6歳の辺りから、永久歯への生え変わりが始まります。28本(親知らずを除く)の永久歯が揃うまで、6年から7年掛かります。永久歯が生えたばかりの時には、虫歯になりやすいとされています。永久歯が生えたにも関わらず乳歯が抜けない、歯肉炎が起きているなどの異常が起きていて、生え替わりがスムーズに行えないという場合もあるそうです。定期的な健診はもちろん、自宅でのチェックも欠かさないようにしましょう。あごの発育が不十分である場合や、虫歯などで早く乳歯が抜けてしまった場合には、歯並びが悪くなってしまう可能性もあります。これから永久歯が新しく生えるからといって、ケアを疎かにしないようにしましょう。子供のうちは、周りの大人が意識をして、正しいケアを習慣付けさせる必要があります。
歯の栄養としては、カルシウムやリンが挙げられます。これは乳児期に限らず、親の妊娠時から多めに摂取をしておきましょう。牛乳や小魚などに多く含まれます。同時に、カルシウムを効率良く吸収するためにビタミンDの摂取も推奨されています。イワシやサンマなどの魚に含まれることが多いそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です