矯正中の磨き方

歯の矯正を行っている時は、歯に器具がついた状態になりますので、食べかすなどの汚れが挟まりやすくなっています。汚れがあれば虫歯になることも多く、もしも虫歯ができた場合には虫歯治療が優先され、矯正の期間が長引いてしまう場合もあります。普通の歯ブラシでは落としにくい場合も多いので、専用の歯ブラシを使うことがおすすめです。装置の上下を磨くことのできる二列の歯ブラシや、ネックが内側に傾斜している歯ブラシ、ブラシ部分にくぼみをつけてワイヤーとブラケットを覆うように磨くことができる歯ブラシなど、用途によっても使い分けることができます。使う歯ブラシは専用の物になりますので、歯科で相談をしてみましょう。普通よりも歯磨きが難しい状態ですが、磨き残しがないよう注意をしましょう。
矯正中の歯磨きは、装着した装置を意識して磨くことが大切です。一般的な方法としては、まず歯ブラシを矯正装置の上に垂直に当て、接している部分を丁寧に磨いていきます。次に歯ブラシを矯正装置の正面に当て、小刻みに動かして汚れを落とします。矯正装置の下からもブラシを当て、同じように磨いていきます。最後に歯間ブラシを矯正装置の内側に差し込んで、装置と歯の間の汚れを落としていきます。歯ブラシ以外にも併用をして、鏡で見ながら進めていくことがおすすめです。
矯正以外にも、歯の治療としてブリッジという器具が使われることもあります。ブリッジは抜けた歯の両隣の歯を土台にして被せることで、人工の歯を補う治療方法です。人工的に歯を作っている状態ですので、ブリッジの間には、矯正器具と同じく汚れがたまりやすくなります。サイズの正しい歯間ブラシなどを活用して、磨き残しがないよう注意をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です