歯磨きの回数と時間

当たり前のように行っている歯磨きですが、回数や時間について意識をしたことはあるでしょうか。そもそも歯磨きは、「口内を清潔に保つ」ために行います。口内に糖分が入ったときに、歯垢の中にいる細菌の活動が活発になります。これにより細菌が酸を作り出し、歯を溶かしてしまいます。歯のエナメル質は、ph5.5以下で溶けはじめます。細菌の活動は食事をしてからすぐに行われ、しばらくの間は続くため、食事をしてすぐに磨かなくてはなりません。そのため、一日三食を基本としている日本人は、同時に「一日に三回の歯みがき」も推奨されているのです。特に就寝中は唾液が少なくなり、虫歯になりやすい状態です、眠る前には歯間ブラシやデンタルフロスなどを併用することが理想的です。
歯磨きの時間は3分以上とされていますが、厳密には決まった時間はありません。これは「1ヵ所につき20回以上を磨くこと」が推奨されているために、3分以上は掛かるだろうという計算です。丁寧に歯磨きをする場合には、さらに時間が掛かります。歯磨きをするときには時間ではなく、全ての歯にブラシを当てる、磨き残しをしないことを意識する必要があるでしょう。
歯磨きをするときには、力を込めて磨く必要はありません。正しい角度でブラシを当てることができれば、軽い力でも歯垢を落とすことができます。逆に、力を入れて磨いてしまうことで歯茎を傷つけてしまうことや、歯茎の下にある歯の根元(象牙質)を露出させて知覚過敏にしてしまう可能性もあります。歯ブラシも痛みやすくなってしまいますので、力を入れ過ぎずに、小刻みにブラシを動かして歯磨きをしましょう。大人であっても間違えた歯磨きをしている人が多いそうです。一度、歯科で相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です