歯ブラシと並行して使える便利な器具

口腔清掃器具はなにも歯ブラシだけではありません。デンタルフロスをはじめ、多様な商品が開発され、販売されています。例えば、デンタルテープ、ガーゼテープと呼ばれるものもその一つです。デンタルテープはデンタルフロスよりも接触面積が大きく、効率的に清掃することが出来ます。ガーゼテープは歯間が広くなってしまった箇所に用います。ガーゼの繊維はプラークを吸着しやすく、高齢者でも簡単に使用することが出来ます。他にも歯間ブラシなどはよく知られた器具の一つです。小さなブラシですがナイロン毛を放射状に植え付けてあるため、歯間の清掃に使うと効果的です。但し歯間ブラシは歯間の広さに合わせて使い分けられるように、多くのサイズが販売されており、購入時に注意を要します。サイズは自主規格で6段階が設けられており、自分の歯間を測ってどのサイズが合うのかを確認しなければなりません。大きすぎるサイズの歯間ブラシを使用すると、歯肉を傷つけてしまうことがあります。小さすぎるとプラークを綺麗に取り除くことが出来ません。なお歯間ブラシのワイヤーや毛は洗浄すれば数回使用することが出来ます。その他の口腔清掃器具としては、歯間刺激子やゴムブラシを挙げたいと思います。これらは清掃効果もありますが、歯肉のマッサージを主目的とします。歯間刺激子は様々な材質の商品が展開されており、木、プラスチック、ゴム等が典型例です。歯間を清掃すると同時に、弱った歯肉をマッサージすることができます。例えばインプラントの手術が行われた後は歯肉を健常な状態に戻さなければなりませんが、歯間刺激子を使えばリハビリテーションが促進されます。あくまでもマッサージを目的とした商品ですから、必要以上に清掃しようとすると却って歯肉を傷つけてしまう可能性があります。ゴムブラシは普通の歯ブラシのフォルムでありながら、頭部がシリコンで出来ており、歯肉をマッサージすることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です