大切な「歯」を、歯周病菌から守りましょう

朝起きた時に、口内にネバつきを感じたり、友人らとの会話の中で、自分の口臭の気配をさりげなく気付いたり、歯磨きをする度に出血の確認ができるような場合は、一度、歯科受診をおススメします。さらに、皆さんの年齢が35歳以上という事であれば、確実に歯科での診療が必要な可能性が高くなります。今や国民病と呼ばれるような「歯周病」の発症は、35歳前後から増加がみられ、40代では、皆さんの中の8割程度の人々が歯周病を発症していると言われているようです。「歯周病」、発症してからすぐの初期段階では、炎症も軽めであるので、痛みなどの自覚症状がでることは稀であるようなのです。軽度の炎症が、ゆっくりと進行する中で、口内の異変に気付き、歯科を受診する頃には、既に、歯周病の症状は進行し、場合によっては抜歯が必要であるといったような診断が行われるまでになるようです。永久歯は1度抜いてしまうと、同じ歯は2度生え変わりません。失ってから、「歯」の大切さを味わう人は、数多くいますが、歯を取り戻したいと思っても、1度抜いてしまった「歯」は、戻ってきてはくれないのです。朝、目覚めた時の口内に、今までにないような違和感を感じたり、口臭や歯磨き時の出血など、何かしらのお口のトラブルは、安易にスルーせずに、歯科での定期検診を行う事をオススメします。「歯周病」は、予防が大切です。35歳以上でも以下であっても、お口のケアを継続する事は、大切な皆さんの「歯」に、歯周病を寄せ付けない為に、必要不可欠なメンテナンスとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です