保険診療と自費診療「歯科」

歯科治療においては、その治療の種類や治療に使用する材料によって、保険診療と自由診療に分けられています。その選択は、患者自身が行うものですが、皆さんは、もちろん費用の比較的安価な保険診療を選びがちですが、場合によっては、ケース・バイ・ケースとして、自由診療を選択した方が、最終的には、安価である事もあるようです。このような状況が起り得るようなケースと言うのは、例えば、歯の治療の初期段階で、自前の歯に適切な材料で、適切な治療を、少し高めであっても自由診療を施していれば、症状の悪化は免れた可能性が高いのに、保険診療の治療を、その場しのぎの応急処置として選択したが為に、その後も治療を複数回繰り返し行う必要が発生し、仕舞いには歯の温存が叶わなかったなどといったようなケースもあるようです。症状の出はじめの初期の段階で、適切な治療を行っていれば、生涯、自前の歯を温存できた可能性があるような場合、保険診療でその場限りの応急処置を繰り返しながらも、最終的にその歯を失うような事になってしまうような事態を招くのは、逆に、自由診療で安価に収める以上に、高い代償を払っている事になるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です