ブラケットの種類と特徴

歯の1つひとつに、ブラケットで留め具を装着、その留め具にワイヤやゴムをかける事で歯に力をかけていき、歯をうごかしていきます。これがごく一般的な矯正治療のテクニックだと言えます。留め具には金属製とプラスチック製とセラミック製とがあります。金属製のものはそれなりの強度がある為、熱さが薄くできています。一方でプラスチック製やセラミック製はというと強度を保つ為に熱くできています。前者の金属製だと、強度の他に摩擦抵抗にも優れているという特徴があります。また、厚みが薄い為、口内の違和感も比較的少ないのではないでしょうか。デメリットといえば金属色である為に審美性にやや欠けると言った所でしょうか。続いてプラスチック製。金属製に比べて白く目立ちにくいという特徴があります。矯正器具独特のあの見た目を気にする方もいらっしゃるでしょうから、例えば笑った時に気ブラケットやワイヤーが見えて嫌という方にはこういったタイプの物がよいかもしれませんね。しかし、デメリットとしては着色しやすく且つ摩耗しやすいという点があげられます。摩耗が激しいとブラケットのつけ直しも必要となってくる為、つけ直しの回数が多くなってくると治療期間が延びてしまう可能性もあります。最後にセラミック製。セラミック製の物が最も最近に出来たものです。こちらも白くて目立ちにくい・且つ着色しにくく摩耗もしにくいタイプです。プラスチック製のデメリットの一つをクリアしています。しかしセラミック製にもデメリットはあり、歯よりも固い素材である為にかみ合わせでブラケットに当たっていると接触している歯が削れてしまう恐れがあるのです。ですので、歯が削られないようにブラケットのポジションを工夫し、ある程度治療が進んだら良い位置に付け替えるなどして対応します。それぞれにメリットとデメリットがあります。とはいえ、やはり審美性を重視する人は多いように見受けられます。メリットとデメリットと、そしてデメリットに対してどのように対応していくのかまで患者さんも理解しておくのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です