インプラントの利点と弱点

かつての日本は「虫歯になってから歯科に掛かる」という考え方であったように思われます。しかしそのの価値観も徐々に変化してきました。「虫歯にならないように歯科医院で掃除して貰ったりメンテナンスをしてもらう事で予防に努める」という「予防歯科」へと変わってきたのです。市販の歯磨き粉も予防歯科を唱える商品が増えてきましたしね。予防歯科にくわえて、「歯を白く美しくみせる」という意識を持つ方も増えてきたように思います。インプラントに関しても、技術向上を受けて安全面の向上だけでなく審美性も上がってきました。今日の日本においてインプラントはいまだ保険適用外となっています。しかし、入歯やブリッジなど他の補填治療と比べるとメリットは多くあります。定期的なメンテナンスと口腔内を清潔に保つ事が出来れば半永久的に使用する事も可能となります。一方デメリットとして挙げられる事としては2点。まずもって「感染症のリスク」があります、骨に埋める処置を施すという事もあり、どうしても細菌を0にするという事が出来ません。口腔内をどれだけ清潔に保てるか、インプラントを細菌から守る予防策を講じる必要があります。もう1点として「治療期間が長い」というのがあります。インプラント体と顎の骨が結合する為の「治癒期間」を設ける必要があるのです。ここを短縮する研究が今なされています。歯科大学ではインプラントの基礎から解剖学・歯周病・かみ合わせといった総合的な指導が行われています。実習を通じた技術的指導を行う所もある等、「医師の幅広い知識・高度な技術が必要」と認識されるようになった証であると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です