歯周病が引き起こす全身疾患

歯周病の何が恐ろしいかというと、当然放っておくと最終的に歯が抜け落ちてしまうというのもありますが、何よりも「口の中だけの病気ではない」という点ではないでしょうか。口腔内で増殖した歯周病菌が歯茎にたくさん集まっている毛細血管を通り、体中へと運ばれてしまいます。そして様々な疾患を引き起こしたり、或いは既に罹患している病気を悪化させる要因となる事も指摘されているのです。特に糖尿病と歯周病との相関関係が強く、歯周病菌は血糖値をコントロールするインスリンの働きを弱くし、結果的に糖尿病を悪化させてしまいます。また逆に、糖尿病になると免疫機能が低下し、歯周病菌はさらに増殖します。糖尿病になると菌の繁殖を抑制する唾液の分泌も減り、歯周病菌が活性化し、より歯周病が進行しやすくなってしまいます。歯周病が及ぼす全身疾患には動脈硬化や心内膜炎・血管性認知症・早産・低体重児出産といったリスクを高める作用や、高齢者の場合、歯周病菌が唾液や食物と共に気管に入る事によって引き起こされる誤飲性肺炎が挙げられます。このように、歯周病と糖尿病は密接な関係があります。TNFーα(腫瘍壊死因子α)は脂肪細胞から分泌される物質で、インスリンの働きを悪化させると共に、歯槽骨の吸収に影響を与えると言われています。

インプラントの利点と弱点

かつての日本は「虫歯になってから歯科に掛かる」という考え方であったように思われます。しかしそのの価値観も徐々に変化してきました。「虫歯にならないように歯科医院で掃除して貰ったりメンテナンスをしてもらう事で予防に努める」という「予防歯科」へと変わってきたのです。市販の歯磨き粉も予防歯科を唱える商品が増えてきましたしね。予防歯科にくわえて、「歯を白く美しくみせる」という意識を持つ方も増えてきたように思います。インプラントに関しても、技術向上を受けて安全面の向上だけでなく審美性も上がってきました。今日の日本においてインプラントはいまだ保険適用外となっています。しかし、入歯やブリッジなど他の補填治療と比べるとメリットは多くあります。定期的なメンテナンスと口腔内を清潔に保つ事が出来れば半永久的に使用する事も可能となります。一方デメリットとして挙げられる事としては2点。まずもって「感染症のリスク」があります、骨に埋める処置を施すという事もあり、どうしても細菌を0にするという事が出来ません。口腔内をどれだけ清潔に保てるか、インプラントを細菌から守る予防策を講じる必要があります。もう1点として「治療期間が長い」というのがあります。インプラント体と顎の骨が結合する為の「治癒期間」を設ける必要があるのです。ここを短縮する研究が今なされています。歯科大学ではインプラントの基礎から解剖学・歯周病・かみ合わせといった総合的な指導が行われています。実習を通じた技術的指導を行う所もある等、「医師の幅広い知識・高度な技術が必要」と認識されるようになった証であると言えるでしょう。

腸とお口のつながり

腸内フローラは、皆さんの体内の腸の働きを助ける「善玉菌」と呼ばれる細菌です。その名の通り、腸内で善い働きをしてくれる菌なのですが、この善玉菌の働きをワルくする雑菌がお口の中にいることをご存じですか。口内の雑菌が腸にまで届くことが不思議に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、皆さんのお口の中にある唾液をごくりと飲み込むとそのまま悪い菌が腸にまで届いてしまうことがあるそうなのです。実際に唾液の中に雑菌が含まれていても通常は、胃にある胃酸が飲み込んだ唾液に含まれる雑菌をやっつけてくれるのですが、何かしらの理由で皆さんの胃の中の胃酸が薄まってしまっていると、雑菌がそのまま腸にまで届いてしまうことがあるそうです。胃腸の調子が悪い時は、お口の中のコンディションも傾いている可能性があります。身体のメンテナンスとして体調を整えるには、何よりもまずはお口の中のケアを欠かすことがないようにしましょう。また、お薬の服用で一時的に胃酸が通常よりも薄まってしまう可能性もあります。また、年齢を重ねるごとに胃の働きも弱まりますから60代前後を目安に、口腔ケアの注意喚起を行う専門医たちもいるようです。

ブラケットの種類と特徴

歯の1つひとつに、ブラケットで留め具を装着、その留め具にワイヤやゴムをかける事で歯に力をかけていき、歯をうごかしていきます。これがごく一般的な矯正治療のテクニックだと言えます。留め具には金属製とプラスチック製とセラミック製とがあります。金属製のものはそれなりの強度がある為、熱さが薄くできています。一方でプラスチック製やセラミック製はというと強度を保つ為に熱くできています。前者の金属製だと、強度の他に摩擦抵抗にも優れているという特徴があります。また、厚みが薄い為、口内の違和感も比較的少ないのではないでしょうか。デメリットといえば金属色である為に審美性にやや欠けると言った所でしょうか。続いてプラスチック製。金属製に比べて白く目立ちにくいという特徴があります。矯正器具独特のあの見た目を気にする方もいらっしゃるでしょうから、例えば笑った時に気ブラケットやワイヤーが見えて嫌という方にはこういったタイプの物がよいかもしれませんね。しかし、デメリットとしては着色しやすく且つ摩耗しやすいという点があげられます。摩耗が激しいとブラケットのつけ直しも必要となってくる為、つけ直しの回数が多くなってくると治療期間が延びてしまう可能性もあります。最後にセラミック製。セラミック製の物が最も最近に出来たものです。こちらも白くて目立ちにくい・且つ着色しにくく摩耗もしにくいタイプです。プラスチック製のデメリットの一つをクリアしています。しかしセラミック製にもデメリットはあり、歯よりも固い素材である為にかみ合わせでブラケットに当たっていると接触している歯が削れてしまう恐れがあるのです。ですので、歯が削られないようにブラケットのポジションを工夫し、ある程度治療が進んだら良い位置に付け替えるなどして対応します。それぞれにメリットとデメリットがあります。とはいえ、やはり審美性を重視する人は多いように見受けられます。メリットとデメリットと、そしてデメリットに対してどのように対応していくのかまで患者さんも理解しておくのが良いと思います。

歯ブラシと並行して使える便利な器具

口腔清掃器具はなにも歯ブラシだけではありません。デンタルフロスをはじめ、多様な商品が開発され、販売されています。例えば、デンタルテープ、ガーゼテープと呼ばれるものもその一つです。デンタルテープはデンタルフロスよりも接触面積が大きく、効率的に清掃することが出来ます。ガーゼテープは歯間が広くなってしまった箇所に用います。ガーゼの繊維はプラークを吸着しやすく、高齢者でも簡単に使用することが出来ます。他にも歯間ブラシなどはよく知られた器具の一つです。小さなブラシですがナイロン毛を放射状に植え付けてあるため、歯間の清掃に使うと効果的です。但し歯間ブラシは歯間の広さに合わせて使い分けられるように、多くのサイズが販売されており、購入時に注意を要します。サイズは自主規格で6段階が設けられており、自分の歯間を測ってどのサイズが合うのかを確認しなければなりません。大きすぎるサイズの歯間ブラシを使用すると、歯肉を傷つけてしまうことがあります。小さすぎるとプラークを綺麗に取り除くことが出来ません。なお歯間ブラシのワイヤーや毛は洗浄すれば数回使用することが出来ます。その他の口腔清掃器具としては、歯間刺激子やゴムブラシを挙げたいと思います。これらは清掃効果もありますが、歯肉のマッサージを主目的とします。歯間刺激子は様々な材質の商品が展開されており、木、プラスチック、ゴム等が典型例です。歯間を清掃すると同時に、弱った歯肉をマッサージすることができます。例えばインプラントの手術が行われた後は歯肉を健常な状態に戻さなければなりませんが、歯間刺激子を使えばリハビリテーションが促進されます。あくまでもマッサージを目的とした商品ですから、必要以上に清掃しようとすると却って歯肉を傷つけてしまう可能性があります。ゴムブラシは普通の歯ブラシのフォルムでありながら、頭部がシリコンで出来ており、歯肉をマッサージすることが出来ます。

大切なのは「家族の協力」

人間というのは、社会的な生き物です。自分ひとりで出来る生活改善というのは実はわずかだったりします。周囲の人・家族がどれだけ理解してくれ、協力してくれるかがとっても大切になってくるのです。膿漏の闘病に関しても同様の事が言えます。家族がそれと知らずに、患者さん本人の意欲を殺いでしまうという事は、膿漏に限らず多くの疾患に対して見受けられます。「妨害ている」という意識が無いからなおの事困ったものです。是非とも理解を求めたい。痛まないように格闘しながら丁寧に磨こうとすれば時間がかかってしまうかもしれませんし、1口30回噛んで食事をしようとすればそれこそ時間がかかってしまいます。そこを「いつまで磨いているの」「いつまで食べてるんだ」と家族が言ってしまうのはNGです。頑張って治療しているのに、そのやる気を殺いでしまっては本末転倒もいいところです。本来歯槽膿漏の治療というのは、前述した事に加えてビタミン豊富な食物の摂取・砂糖抜き・糖尿病治療などなど入院加療をすべき程の困難性が数々あります。しかも仮に一時入院しても、元の生活に戻って生活改善が無ければ、膿漏は再発してしまいます。生涯の生活に関わってきます。従って、どうしても「家族もろとも」になってくるのです。そしてその改善は、実は家族全員の健康を守るものでもあると言えます。さて、多くのケースで3か月たった頃には、患者さん本人がくたびれてきます。病状もこの時期に合わせて回復が緩やかな段階になります。治っていく過程が目に見えづらくなって、それが余計に苦痛に感じてくるのだと考えられます。この山を越える為には、家族の協力が肝になってきます。家族が「自分の健康保持の為にも必要」と気づき、同じ生活改善を一緒に取り組む事が最善だと思います。一緒に頑張ってくれる存在があるというのは心強いもので、本人は意欲を再び奮い立たつ事も可能になります。そこまではいかないにしても、「長寿には歯が必要。その闘いを今(患者さんが)しているんだ」という認識を家族が持ち、温かく励まして意欲を支えてあげる事がとても大切です。そして努力を評価し続けましょう。これが出来れば、苦痛な山が訪れたとしても、乗り越えられると思います。小さなお子さんがご家族にいらっしゃるなら、一緒なって取り組んで、正しい効果のある歯磨きの仕方を教えるというのも良い案だと思います。この家族にも理解してもらえるように取り組む事を、歯科医にも認識が広まってほしいものです。

今日のフッ化配合歯磨剤

フッ化配合歯磨剤は家庭や職場でのセルフケアによるう蝕予防手段として、欧米先進国で1970~1980年代に急速に普及しました。そして小児う蝕の急激な減少をもたらした事として高く評価されました。これを皮切りに、従来の「歯磨きの補助剤」から「積極的な予防剤」として変化を遂げていきました。こうして欧米諸国での市場占有率は1990年代で90%以上にも増加しました。日本では2015年時点で91%まで増えています。日本での歴史を少し紐解くと、2011年に「歯科口腔保健の推進に関する法律」が公布・施行されました。加えて、う蝕予防に対するフッ化物局所応用が具体的に位置づけられました。更に翌年の2012年、母子手帳の1歳6か月児及び3歳児を対象とした保護者の記録の改訂により、「歯にフッ化物(フッ素)の塗布やフッ素入り歯磨きを使用していますか」という質問事項が載せられるようになりました。2017年にはフッ化物配合歯磨剤のフッ化物イオン濃度上限を1500ppmとする医薬部外品としての市販が厚生労働省によって新に認められました。う蝕リスクの高低に関わらず、フッ化物配合歯磨剤は自分の歯を持つあらゆる年齢の人々に利用されるべきホームケア・セルフケア用品です。予防メカニズムは、歯磨き終了後に歯面・歯垢・粘膜および唾液などの口腔環境に保持されたフッ化物イオンによる再石灰化と酸産生抑制効果からなります。しかしその効果は、応用量・作用時間・方法・洗口回数によって大きく左右されます。ここで最も大切な事は、フッ化配合歯磨剤の適正な利用方法を知る事だと思います。

保険診療と自費診療「歯科」

歯科治療においては、その治療の種類や治療に使用する材料によって、保険診療と自由診療に分けられています。その選択は、患者自身が行うものですが、皆さんは、もちろん費用の比較的安価な保険診療を選びがちですが、場合によっては、ケース・バイ・ケースとして、自由診療を選択した方が、最終的には、安価である事もあるようです。このような状況が起り得るようなケースと言うのは、例えば、歯の治療の初期段階で、自前の歯に適切な材料で、適切な治療を、少し高めであっても自由診療を施していれば、症状の悪化は免れた可能性が高いのに、保険診療の治療を、その場しのぎの応急処置として選択したが為に、その後も治療を複数回繰り返し行う必要が発生し、仕舞いには歯の温存が叶わなかったなどといったようなケースもあるようです。症状の出はじめの初期の段階で、適切な治療を行っていれば、生涯、自前の歯を温存できた可能性があるような場合、保険診療でその場限りの応急処置を繰り返しながらも、最終的にその歯を失うような事になってしまうような事態を招くのは、逆に、自由診療で安価に収める以上に、高い代償を払っている事になるのかもしれません。

大切な「歯」を、歯周病菌から守りましょう

朝起きた時に、口内にネバつきを感じたり、友人らとの会話の中で、自分の口臭の気配をさりげなく気付いたり、歯磨きをする度に出血の確認ができるような場合は、一度、歯科受診をおススメします。さらに、皆さんの年齢が35歳以上という事であれば、確実に歯科での診療が必要な可能性が高くなります。今や国民病と呼ばれるような「歯周病」の発症は、35歳前後から増加がみられ、40代では、皆さんの中の8割程度の人々が歯周病を発症していると言われているようです。「歯周病」、発症してからすぐの初期段階では、炎症も軽めであるので、痛みなどの自覚症状がでることは稀であるようなのです。軽度の炎症が、ゆっくりと進行する中で、口内の異変に気付き、歯科を受診する頃には、既に、歯周病の症状は進行し、場合によっては抜歯が必要であるといったような診断が行われるまでになるようです。永久歯は1度抜いてしまうと、同じ歯は2度生え変わりません。失ってから、「歯」の大切さを味わう人は、数多くいますが、歯を取り戻したいと思っても、1度抜いてしまった「歯」は、戻ってきてはくれないのです。朝、目覚めた時の口内に、今までにないような違和感を感じたり、口臭や歯磨き時の出血など、何かしらのお口のトラブルは、安易にスルーせずに、歯科での定期検診を行う事をオススメします。「歯周病」は、予防が大切です。35歳以上でも以下であっても、お口のケアを継続する事は、大切な皆さんの「歯」に、歯周病を寄せ付けない為に、必要不可欠なメンテナンスとなります。

歯ブラシの起源

歯ブラシは単純な道具ですから、有史以前にも存在した可能性があります。しかしそれを立証する手立てはなく、現時点では古代エジプトのパピルスで言及されているのを起源とする以外にありません。具体的には紀元前1500年頃で、当時も現代の歯ブラシと基本的な構造は同じでした。では日本で歯ブラシが使われ始めたのはいつのことなのでしょうか。諸説ありますが、仏教の伝来と共に伝わったとする説が有力です。つまり6世紀頃なのですが、当時は歯木と呼ばれていました。仏教と歯ブラシとの関係性をイメージし辛いかもしれませんが、実は経典の中に浄歯と呼ばれる儀式に言及した箇所が存在するのです。すなわち、仏教圏ではまず経典を読む習慣のある僧侶が浄歯のために歯ブラシを作成して使い、それが庶民の間に広まったと考えられるのです。日本ではそれ以来、歯木が活躍し続け、最終的に大正時代まで使われました。因みに現代用いられている歯ブラシは明治時代に西洋から流入して使われ始めました。最初は歯ブラシに対する関心は低かったとされ、本格的に広まったのは大正以後だと言われています。このように日本では西洋の後塵を拝する形で歯磨きの文化が定着していったのですが、現代ではさらに歯ブラシの概念が変わりつつあります。というのも、歯ブラシはもはや単なる生活必需品ではなく、健康を増進する保健衛生用品としての価値をも帯びるようになっているからです。