電動歯ブラシの選び方

電動歯ブラシには、さまざまな形態や動きのものがあるので、それぞれの特徴をよく理解した上で、自分に適した電動歯ブラシを選ぶことが重要になります。電動歯ブラシを使用している人の多くは、手用歯ブラシよりも高いプラーク除去効果を期待していますが、専門家の指導に沿った正しい使い方をしないと、その効果に差は出ないと考えられています。手用歯ブラシにくらべて電動歯ブラシは高価な用具となるため、全体の重さ、握りやすさ、使用感、買え歯ブラシの交換のしやすさなども見極めて選ぶと良いでしょう。
電動歯ブラシの刷毛部は、奥歯をより磨きやすくするために手用歯ブラシよりも小さめで、毛の硬さは電動で動くため力の加減が難しいので、やわらかめのものが一般的です。形態は手用歯ブラシと同じ型のものが多いですが、中には円形型や小歯ブラシ型をしたものや、歯周ポケット内を清掃するためによりやわらかい刷毛のもの、細部を清掃するためのワンタフトブラシのもの、歯間部分を清掃するための歯間ブラシ型のものなどさまざまです。スペアブラシも必要になりますが、国産品にくらべて海外でつくられた輸入品には入手しにくい場合もあるので注意してください。
電動歯ブラシの特徴として、ブラシの運動にもさまざまなものがあります。従来の電動歯ブラシは、刷毛部分が往復運動や回転運動、複合的運動をし、その機械的な運動によりプラークを除去しています。歯面に歯ブラシの毛先を当てて、上手に操作することができれば十分な除去効果が得られ、時間の短縮にもなりますが、歯間部の清掃はそこまで得意ではないので、歯間ブラシやデンタルフロスとの併用が必要不可欠です。また、ブラシの振動は、口腔粘膜の良い刺激にもなり唾液の分泌を促す効果がありますが、振動が大きいため、粘膜を傷つけないように注意が必要です。
一方、超音波歯ブラシや音波歯ブラシのように刷毛部が微振動運動をする歯ブラシは、ブラシの機械的な運動に加えて、音波による振動が唾液などの水分を振動させるので、口腔内に微細な小泡を発生させることができます。このおかげで、歯ブラシの毛先の数ミリ先にまでも作用し、より高い清掃公開を得たり、歯周組織を活性化させるとも言われています。
現在、超音波ブラシは市販されていないので、従来の電動歯ブラシと音波ブラシの中から、自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。

手用歯ブラシの選び方

歯ブラシの選択基準として厚生省(現在の厚生労働省)が出した手引きには以下のような事柄が明記されています。
1つ目は、個人の口腔に応じて大きさや形が適当であること。2つ目は、刷毛が乾燥しやすく、適度な弾性と強度があり、先端が鋭くなく、毛束の間隔が適当であること。3つ目に、刷毛の長さは大人用であれば1センチ以上あること。4つ目は、植毛部の形態ができればストレート型であること。5つ目は、把柄は握りやすく、変形、変質しない保水性のないものであること。6つ目は、近代センスにマッチした美しいデザインであること。7つ目は、十分に清潔な状態で包装されていることです。これらを元に、どのような手用歯ブラシを選ぶのが良いかを考えてみましょう。
まず把柄部ですが、材質は耐久性があり、持ちやすく、かつ操作性の良さから考えると、軽量ものが良いでしょう。さらに変形、変質しない非保水性の材質で常に清潔を保てる素材が適しています。一部に滑り止めのラバー素材を使用した歯ブラシもおすすめです。形態は、頭部から把柄部まではストレートであるものが良いでしょう。安定性があり、マッサージなどをする際に回転させやすいものを選んでください。
次に頸部ですが、奥歯や内側の歯まで磨きやすいように細く長く、かつ歯ブラシの毛の先端に力が届きやすくなるようにストレートな形態になっているものがおすすめです。
最後に頭部は、口内清掃がしやすいのは小型のものですが、極端に小さすぎると効率が悪くなるので、ちょうどいい大きさのものを選ぶのがいいでしょう。植毛している台部分の厚さは薄いほど使いやすいため、先端をよりコンパクトにして、奥歯まで頭部が届くように工夫された歯ブラシも市販されています。植毛部分は3~4列のものが水はけもよく衛生的です。1~2列のものは歯周ポケットに入りやすく、毛束と毛束の間隔があいているものは歯間に入りやすいので、目的に応じて選ぶといいでしょう。毛の硬さは、一般的にかため、ふつう、やわらかめの3種類に分けて市販されています。ただし、毛の硬さの表示はメーカーにより差があるのであくまでも目安にしてください。刷毛の材質は、乾燥しやすく衛生的で毛先を均等に揃えることのできるナイロン毛のものが一般的です。天然毛の刷毛は吸水性が高いため不衛生になりがちなのでおすすめしません。
このような注意点を参考に、自分の口腔状態、疾患のあるなし、目的に合った歯ブラシを選ぶことが重要です。

アメリカの歯ブラシの条件

アメリカでは、歯科医師会が効果的な歯ブラシの特徴として、次のようないくつかの事項を挙げています。
1つ目は、歯ブラシの大きさ、形態、硬さにおいて、個々の患者が必要としている事項に適していることです。
2つ目は、操作が簡単で、かつ口腔内清掃が効率的に行える歯ブラシであることです。
3つ目は、歯ブラシを清潔に保つために、手軽に植毛部の清掃ができること、かつ通気性が良いこと、刷毛に吸水性がないことです。
4つ目は、耐久性に優れ、購入しやすい価格であることです。
5つ目は、最適な機能的な性能を備えていることです。刷毛部では毛や繊維に柔軟性があり、適度な軟らかさを持っていること、把柄部では強度、耐久性、軽さなどの面で適した機能的性質を持っていることが挙げられています。
6つ目は、刷毛の先端がラウンド型に処理されていることです。
そして7つ目に、実用性、清潔さ、効率を兼ね備えたデザインであることが挙げられています。

日本の歯ブラシの条件

厚生省(現在の厚生労働省)は、歯ブラシをつくる際に考慮すべき事項として次のようないくつかの条件を挙げています。
1つ目は、口腔内で手軽に、かつ効果的に使用することができる歯ブラシであることです。また、複雑な操作を必要としないことも条件となっています。
2つ目は、刷毛面についてになります。歯の露出面、とくに隣接歯間部にまで到達しての清掃が十分に可能が必要になります。
3つ目は、各毛束の間隔が十分にあいていて、簡単に清掃ができるようにされていることです。また、毛束と植毛部は密着していて、汚物などが間に入ってこないようにされていなければなりません。
4つ目は、強度についてです。把柄や刷毛の質は丈夫で、変形や変質がしにくいものでなければなりません。また植毛が強固で、歯ブラシの使用時に破折や脱落しないようにつくられていることです。
5つ目は、歯ブラシのから有害物が溶け出したり、使用の際に脂質や軟組織を破壊したり、使用者に害を与えないことです。
そして最後の6つ目は、他の歯ブラシには無い特別な効果をうたっている場合は、その理由がしっかりと明示されていることが望ましいとされています。

歯ブラシの基準規定

普段私たちが日常的に使用している歯ブラシには、機能・安全性などの面で日常生活用品としての基準が設けられています。このため、市販されている歯ブラシは、どれを使用しても、歯を磨くという行為において問題が起こるはずがありません。しかし、機能面においてはこの基準だけでは十分ではないという専門的見地から、もう少し詳しく細かい基準が必要とされました。そこで1962年に厚生省(現在の厚生労働省)は、歯口清掃の意義、その方法や手段、用具およびその材料などについて詳しくまとめました。そのなかの「使用用具および材料について」という項目で、歯ブラシは第一に挙げられています。このまとめによれば、歯ブラシは「日常の手入れとして、歯や口のうち、自浄作用では清掃できないところを十分清掃するために用いられる用具である」と定義され、「歯ブラシの所要条件」「歯ブラシの選択基準」が明確に表記されています。
歯ブラシは、誰でも容易に購入できる生活必需品、かつ毎日の口腔清掃に欠かすことのできない衛生用品です。したがって、効果的に口腔清掃ができることはもちろんですが、安全性が確保されていなければなりません。日本では法律によって、市販されている歯ブラシの安全性が保証されています。歯ブラシの品質は詳細に規定されており、柄の材質、毛の材質、毛の硬さ、耐熱温度などの表示が義務付けられているのです。また、国内の基準とは別に国際規格として定められているものもあります。

清掃部による歯ブラシの分類

【歯間部】

もっとも汚れやすくて、かつ清掃がしにくい歯間部。個人によってその形態や状態は異なりますが、一般的にはデンタルフロスや歯間ブラシ、タフトブラシなどを使用されます。歯ブラシの刷毛部は、直線平切り型、直線段切り型、山切り型などが適しています。

歯肉退縮などで歯間空隙がある場合の歯間清掃用歯ブラシは、かための毛が1列に植毛されています。歯間部の清掃と歯肉マッサージを効率よく行うために、長めの毛をV字型に2列植毛した歯ブラシもあります。

【歯肉部(粘膜)】

口腔機能が低下している人や、義歯を装着している方などは、歯肉や口蓋などの口腔内の粘膜に汚れが付着しやすく、誤嚥性肺炎や口臭の原因になります。

歯肉や粘膜には毛先が細くて軟毛の歯ブラシが選ばれます。口腔粘膜清掃用の歯ブラシは、頭部が大きく、軟らかい毛で広い粘膜面を効率よく清掃しやすいようにできています。また、ワイヤーの先端に軟毛が球場に植毛されているブラシや、粘膜の清拭に用いるスポンジブラシなどがあります。誤嚥しやすい方のために吸引機能のついた製品も販売されています。

歯ブラシの歴史 近世

McCauley(マッコーレイ)によれば、西洋における最初の歯ブラシは、1780年イギリス人によってつくられた、獣骨に穴をあけた柄に獣毛を針金で留めた歯ブラシであるとされています。

この頃を代表するフォシャール著の『外科歯科医』によれば、口腔衛生について歯科医の手で歯を清掃してもらった後には、自分で毎朝口中を微温湯ですすぎ、そしてさらに上等の海綿を水に浸して歯を上から下へ、下から上へ磨くのが最もよくと記されています。また、海綿を浸す水にブランデーを1/4ほど混和すると歯肉を強壮にし、かつ歯を固植させる効果があると述べられています。彼は歯ブラシが粗悪で、毛も馬毛で硬かったためか、歯ブラシよりも海綿の使用を勧めていました。そのため、この頃すでにフランスには歯ブラシがあったことになります。また、このほか清掃用具として亜麻布、海綿、錦葵、ムラサキウマゴヤシなどについても記し、さらに歯磨剤や先行剤の使用についても併用することが勧められています。

しかし、それより以前に刷毛(bristles)を有する最初の歯ブラシについての記載が1640年のイギリス王朝の伝記中にあると言われています。

また、楊枝については小木片や黄金製のものが使用されており、装飾品をしての価値があったものもあったようです。

この頃の日本においては、まだ歯ブラシは出現していなかったようです。楊枝(房楊枝や爪楊枝)によって歯や舌の清掃が行われ、口をすすぐ事や歯を擦ることが行われていたと思われます。また、歯磨剤の使用については房州砂を主体にしたもの、塩あるいは塩に数種類の薬草などを混ぜたものが使われていたのではないかと考えられているようです。

口腔環境による歯ブラシの分類

【歯周ポケット用】

歯肉溝や歯周ポケットに毛先を到達させる、バス法用の歯ブラシがあります。

毛の硬さはやわらかめで、直線平切りになっています。歯肉の改善度に合わせて、植毛を1列→2列→3列と変えていくものも選ぶことができるようです。

また、柔軟性に富む先端極細加工を採用し、特に歯周ポケットを意識して当てなくても毛先が入り込みやすいように設計された歯ブラシもあります。

【歯肉マッサージ用】

ローリング法に適した歯肉マッサージ用の歯ブラシもあります。

毛束は直線段切りで疎毛、毛の長さは長く、かためで弾力があるように作られています。また、スラッピング法と併用できるタイプは、直線ヒラ切りや段切りになっています。

毛の硬さはやわらかめ〜とくにかためまで、歯肉の状態によって選ぶことが大切です。把柄部にマッサージ用のラバーチップが付いているものもあります。

【インプラント用】

インプラントには十分な清掃管理が必要ですが、磨きにくくて清掃が行いにくいため、状態に適した歯ブラシを使用する必要があります。

インプラント部分は周囲の軟組織を傷つけないように毛の硬さがやわらかめの歯ブラシを使用します。毛が軟らかく長めで術後のケアに適したもの、植毛部の幅が細くて2列植毛で歯頸部に当てやすくしたものがあります。また、歯ブラシが届きにくい部分などには、山切りカットで毛の軟らかなタフトブラシが使用されます。

歯ブラシの歴史 中世

マホメットは710年にイスラム教を創立したが、彼はその予言書の中で「口の中をきれいにしなさい。それはとりもなおさず神をたたえることである」とし、さらに「私は神の命によってsiwakを用いるのだ。私にとって神の与えたもうた特別の戒律のごときなのだ」といったと言います。siwakとは、サトウキビやユリの根などから作られた噛んで歯を磨くものです。しかし、このsiwakは特定の場所と時で用いられ、それ以外では定着しなかったそうです。9世紀にはラゼスが「歯を保全するためには五倍子(ぬるで)と胡椒の粉末で摩擦する」とし、弛緩した歯には、収斂性含嗽剤と歯磨き粉を使うよう勧めています。

一方この頃、西ヨーロッパでは12〜13世紀に至るまで、用事すら使っていなかったと推測される。13世紀にフランスのギイ・ド・ショウアリクはその著で、あまり乱暴に歯を磨かないで、蜜と焼き塩、酢で歯を磨くと良いと記しています。また、水歯磨きとして磠砂(塩化アンモニウム)と岩塩、サッカリンを液体とし、赤色の布に浸して歯を擦る方法を述べています。15世紀のイタリアのヴァレスクスは歯石を除去した後に白葡萄酒でうがいをし、また焼き塩で摩擦する必要を説いていました。同時期のイタリアのアクラヌスは、その著に口腔衛生十戒を記しています。それによれば毎食後に一端の幾分広めの木片で食片の残渣を除いた後にうがいをすること、また就寝前、朝食前に歯磨剤を榛の身で包み、さらに亜麻布に包んで磨くこと、木片は苦味、止血性のある松、ローズマリー、アロエ、杜松などを用いることを述べました。

中世はじめごろの中国では、房楊枝で清掃することと指頭で歯を擦る習慣があり、また舌をこそぎ、歯を叩く習慣もあったようです。959年頃の埋葬品の中から発見された歯ブラシが世界最古の歯ブラシと思われ、その後の宋代に至る間に中国では房楊枝が廃れ、歯ブラシが使われていたとの記録が残されています。

日本では538年頃の仏教の伝来に前後して、楊枝もまた伝わったと思われます。仏教は朝廷の保護の元に発展していきましたが、それに伴い楊枝もまた広まったようです。平安時代にはすでに上流人士、僧家の間で、朝の洗面時に楊枝を用いたとされています。真言密教や曹洞宗などでは楊枝が大切な法具として扱われていたようです。このように日本では楊枝が盛んに使われていましたが、歯磨剤について特に記録として残っているものはありません。この時代の日本では、房楊枝による歯磨きとうがい、舌をこそぐ、そして塩をつけて歯を擦るという方法で口腔清掃を行っていたようです。

歯ブラシの歴史 誕生から古代2

口腔清掃の歴史は我が国においても自然的に発生していましたが、古代においては世界のどの地域にも現在の歯ブラシの形態を有するものは発見されていません。しかしながら、いろいろな用具を用いて食物残渣を取り除いたり、歯を磨いたり、あるいは口中の清涼感を得ていたようです。

メソポタミア文明の遺跡からは紀元前3000年頃のものと思われる黄金の小楊枝が発見されており、これが現存する最古の爪楊枝とされています。

インドでは『スシュルタ本典』という医書に、口腔洗浄、歯ブラシ、歯磨剤、歯石除去について書かれています。

中国では金属製の小楊枝が古くから使われており、また1世紀ごろに仏教とともに房楊枝もインドから伝えられています。

紀元前500年頃の古代ギリシアではヒポクラテスが口気悪臭の治療として歯を磨く事を勧めています。

ローマでは口腔衛生思想はかなり発達しており、金・銀・青銅製、乳香樹の楊枝が盛んに用いられていたそうです。

紀元前1300年頃の日本でもこの時代のものと思われる人骨からの歯の側面に磨耗が見られることから、当時の日本でも何らかの方法で歯を磨いていたようです。

口腔清掃の起源は世界共通のものがあり、それは医学的な見地ではなく、信仰とともに起こったようでした。人々は神に祈る前の身を清める作法の一つとして、口腔清掃を行いました。それはまず「口を漱ぐ」ことに始まり、歯を摩擦するために人々は洗口剤や歯磨剤を作り、歯間部の食物残渣を取り除くために「爪楊枝」を作り出したのです。