歯ブラシの歴史 中世

マホメットは710年にイスラム教を創立したが、彼はその予言書の中で「口の中をきれいにしなさい。それはとりもなおさず神をたたえることである」とし、さらに「私は神の命によってsiwakを用いるのだ。私にとって神の与えたもうた特別の戒律のごときなのだ」といったと言います。siwakとは、サトウキビやユリの根などから作られた噛んで歯を磨くものです。しかし、このsiwakは特定の場所と時で用いられ、それ以外では定着しなかったそうです。9世紀にはラゼスが「歯を保全するためには五倍子(ぬるで)と胡椒の粉末で摩擦する」とし、弛緩した歯には、収斂性含嗽剤と歯磨き粉を使うよう勧めています。

一方この頃、西ヨーロッパでは12〜13世紀に至るまで、用事すら使っていなかったと推測される。13世紀にフランスのギイ・ド・ショウアリクはその著で、あまり乱暴に歯を磨かないで、蜜と焼き塩、酢で歯を磨くと良いと記しています。また、水歯磨きとして磠砂(塩化アンモニウム)と岩塩、サッカリンを液体とし、赤色の布に浸して歯を擦る方法を述べています。15世紀のイタリアのヴァレスクスは歯石を除去した後に白葡萄酒でうがいをし、また焼き塩で摩擦する必要を説いていました。同時期のイタリアのアクラヌスは、その著に口腔衛生十戒を記しています。それによれば毎食後に一端の幾分広めの木片で食片の残渣を除いた後にうがいをすること、また就寝前、朝食前に歯磨剤を榛の身で包み、さらに亜麻布に包んで磨くこと、木片は苦味、止血性のある松、ローズマリー、アロエ、杜松などを用いることを述べました。

中世はじめごろの中国では、房楊枝で清掃することと指頭で歯を擦る習慣があり、また舌をこそぎ、歯を叩く習慣もあったようです。959年頃の埋葬品の中から発見された歯ブラシが世界最古の歯ブラシと思われ、その後の宋代に至る間に中国では房楊枝が廃れ、歯ブラシが使われていたとの記録が残されています。

日本では538年頃の仏教の伝来に前後して、楊枝もまた伝わったと思われます。仏教は朝廷の保護の元に発展していきましたが、それに伴い楊枝もまた広まったようです。平安時代にはすでに上流人士、僧家の間で、朝の洗面時に楊枝を用いたとされています。真言密教や曹洞宗などでは楊枝が大切な法具として扱われていたようです。このように日本では楊枝が盛んに使われていましたが、歯磨剤について特に記録として残っているものはありません。この時代の日本では、房楊枝による歯磨きとうがい、舌をこそぐ、そして塩をつけて歯を擦るという方法で口腔清掃を行っていたようです。

歯ブラシの歴史 誕生から古代2

口腔清掃の歴史は我が国においても自然的に発生していましたが、古代においては世界のどの地域にも現在の歯ブラシの形態を有するものは発見されていません。しかしながら、いろいろな用具を用いて食物残渣を取り除いたり、歯を磨いたり、あるいは口中の清涼感を得ていたようです。

メソポタミア文明の遺跡からは紀元前3000年頃のものと思われる黄金の小楊枝が発見されており、これが現存する最古の爪楊枝とされています。

インドでは『スシュルタ本典』という医書に、口腔洗浄、歯ブラシ、歯磨剤、歯石除去について書かれています。

中国では金属製の小楊枝が古くから使われており、また1世紀ごろに仏教とともに房楊枝もインドから伝えられています。

紀元前500年頃の古代ギリシアではヒポクラテスが口気悪臭の治療として歯を磨く事を勧めています。

ローマでは口腔衛生思想はかなり発達しており、金・銀・青銅製、乳香樹の楊枝が盛んに用いられていたそうです。

紀元前1300年頃の日本でもこの時代のものと思われる人骨からの歯の側面に磨耗が見られることから、当時の日本でも何らかの方法で歯を磨いていたようです。

口腔清掃の起源は世界共通のものがあり、それは医学的な見地ではなく、信仰とともに起こったようでした。人々は神に祈る前の身を清める作法の一つとして、口腔清掃を行いました。それはまず「口を漱ぐ」ことに始まり、歯を摩擦するために人々は洗口剤や歯磨剤を作り、歯間部の食物残渣を取り除くために「爪楊枝」を作り出したのです。

歯ブラシの起源

歯ブラシは単純な道具ですから、有史以前にも存在した可能性があります。しかしそれを立証する手立てはなく、現時点では古代エジプトのパピルスで言及されているのを起源とする以外にありません。具体的には紀元前1500年頃で、当時も現代の歯ブラシと基本的な構造は同じでした。では日本で歯ブラシが使われ始めたのはいつのことなのでしょうか。諸説ありますが、仏教の伝来と共に伝わったとする説が有力です。つまり6世紀頃なのですが、当時は歯木と呼ばれていました。仏教と歯ブラシとの関係性をイメージし辛いかもしれませんが、実は経典の中に浄歯と呼ばれる儀式に言及した箇所が存在するのです。すなわち、仏教圏ではまず経典を読む習慣のある僧侶が浄歯のために歯ブラシを作成して使い、それが庶民の間に広まったと考えられるのです。日本ではそれ以来、歯木が活躍し続け、最終的に大正時代まで使われました。因みに現代用いられている歯ブラシは明治時代に西洋から流入して使われ始めました。最初は歯ブラシに対する関心は低かったとされ、本格的に広まったのは大正以後だと言われています。このように日本では西洋の後塵を拝する形で歯磨きの文化が定着していったのですが、現代ではさらに歯ブラシの概念が変わりつつあります。というのも、歯ブラシはもはや単なる生活必需品ではなく、健康を増進する保健衛生用品としての価値をも帯びるようになっているからです。

歯ブラシの起源

歯ブラシは単純な道具ですから、有史以前にも存在した可能性があります。しかしそれを立証する手立てはなく、現時点では古代エジプトのパピルスで言及されているのを起源とする以外にありません。具体的には紀元前1500年頃で、当時も現代の歯ブラシと基本的な構造は同じでした。では日本で歯ブラシが使われ始めたのはいつのことなのでしょうか。諸説ありますが、仏教の伝来と共に伝わったとする説が有力です。つまり6世紀頃なのですが、当時は歯木と呼ばれていました。仏教と歯ブラシとの関係性をイメージし辛いかもしれませんが、実は経典の中に浄歯と呼ばれる儀式に言及した箇所が存在するのです。すなわち、仏教圏ではまず経典を読む習慣のある僧侶が浄歯のために歯ブラシを作成して使い、それが庶民の間に広まったと考えられるのです。日本ではそれ以来、歯木が活躍し続け、最終的に大正時代まで使われました。因みに現代用いられている歯ブラシは明治時代に西洋から流入して使われ始めました。最初は歯ブラシに対する関心は低かったとされ、本格的に広まったのは大正以後だと言われています。このように日本では西洋の後塵を拝する形で歯磨きの文化が定着していったのですが、現代ではさらに歯ブラシの概念が変わりつつあります。というのも、歯ブラシはもはや単なる生活必需品ではなく、健康を増進する保健衛生用品としての価値をも帯びるようになっているからです。

歯ブラシの起源

歯ブラシは単純な道具ですから、有史以前にも存在した可能性があります。しかしそれを立証する手立てはなく、現時点では古代エジプトのパピルスで言及されているのを起源とする以外にありません。具体的には紀元前1500年頃で、当時も現代の歯ブラシと基本的な構造は同じでした。では日本で歯ブラシが使われ始めたのはいつのことなのでしょうか。諸説ありますが、仏教の伝来と共に伝わったとする説が有力です。つまり6世紀頃なのですが、当時は歯木と呼ばれていました。仏教と歯ブラシとの関係性をイメージし辛いかもしれませんが、実は経典の中に浄歯と呼ばれる儀式に言及した箇所が存在するのです。すなわち、仏教圏ではまず経典を読む習慣のある僧侶が浄歯のために歯ブラシを作成して使い、それが庶民の間に広まったと考えられるのです。日本ではそれ以来、歯木が活躍し続け、最終的に大正時代まで使われました。因みに現代用いられている歯ブラシは明治時代に西洋から流入して使われ始めました。最初は歯ブラシに対する関心は低かったとされ、本格的に広まったのは大正以後だと言われています。このように日本では西洋の後塵を拝する形で歯磨きの文化が定着していったのですが、現代ではさらに歯ブラシの概念が変わりつつあります。というのも、歯ブラシはもはや単なる生活必需品ではなく、健康を増進する保健衛生用品としての価値をも帯びるようになっているからです。

歯ブラシの歴史 誕生から古代1

現代のような歯ブラシが最初にどこでどのようにして誕生し、発展していったかについては定かではありませんが、おおよその誕生時期などは次のように推察されています。

この世に現代のような形態をした歯ブラシが出現したのは、中国で西暦959年頃の埋葬の出土品の中から発見されたものが最古であると言われています。したがって中国においては既にこの頃に歯ブラシが使用されていたことになります。

日本における歯ブラシの製造・販売は、明治になって始まったと言われていますが、いつ、どのようにして作られたか、はっきりしていません。日本ブラシ業界史によれば、明治維新後の日本に西洋文化が積極的に導入され、政府が5種類の木ブラシの製作を大阪の商人に促したのがブラシ製造の始まりであると言われています。最初はあまり価値が認められませんでしたが、日常生活の洋式化が進むにつれてブラシが生活の必需品となり、徐々に認められるようになりました。日本の歯ブラシもちょうどその頃に誕生し、大阪で鯨の鬚を柄に使用した「鯨楊枝」を製造・販売したものが最初であると言われています。

西洋での歯ブラシの使用は17世紀ごろのフランスであると伝えられており、したがってこの頃から歯ブラシの製造がはじまったものと考えられています。またイギリスでは1780年に歯ブラシが作られており、そしてこれを機に各国で多くのものが作られ、発展したと言われています。

前述のように東洋では中国の959年頃の埋葬の出土品の中から歯ブラシが発見されています。また『正法眼蔵』洗面の巻によれば、「楊枝」を使う習慣は道元が渡った頃の中国(13世紀の末)では既に廃れて久しく、今日の歯ブラシに似た器具を用いた歯磨きの習慣があったことがうかがえます。

糖分除去について

口の中に、常に糖分がある環境を作り出してしまうと、虫歯は引き起こす菌が、最も活動しやすい環境を作ってしまうということを、知っておく必要があるでしょう。

実際のところ、ほとんど、間食をしなければ、ブラッシングさえしっかりしていれば、虫歯になることは、ほとんどない、とも言えなくもありません。

良い歯ブラシや、デンタルフロスを使っていれば良い、というわけではなく、適切な食生活を送り、健康な生活を送るということが、重要だということなのです。

 

最近では、歯ブラシの形を加工しておくことで、届きやすくなるように工夫がされた歯ブラシなどもあり、専門のメーカーが、インターネットで販売している様子なども見受けられます。

それでも、このような 歯ブラシの中には、あまり認知度は高くないものの、非常に性能が良いものが、紛れていることも、あります。代表的なものとしては、 T 字型の歯ブラシです。

これは、あるメーカーが専門的に開発をしているものですが、本来、磨けなかったところまで、しっかりと、歯ブラシを届くことができ、子供でも、使いやすい、というところが、大きなメリットとして挙げられています。

このような、歯ブラシの場合、歯の隙間に歯ブラシが届きやすいため、どのように磨いても、割と、簡単に、丁寧に磨けるというところは、大きなメリットだと、言えるでしょう。

歯を綺麗にするために

歯ブラシとその周辺のことについて特に、重要だとすれば、歯を綺麗にするためには、なるべく、多少はお金を惜しまずに使うことでしょう。

非常に、高級なものでない限りは日々のブラッシングにかける費用というものは、日割り計算すれば、非常に安くすんでいる場合がほとんどです。

安い値段で、一生、健康な歯が手に入れられるわけですから、なるべく妥協をせずに、良い製品を、使い続けることが一生、健康な歯を保ち続けることに、つながっている、と言っても良いと思います。

妥協をしなかった結果、生涯健康な歯を保つことができるならばそちらを取るでしょうし、多くの人が後悔している現実もありますから、注意して選ぶようにしましょう。

 

フッ素うがいについて

うがい薬の中に、少量のフッ素が含まれていて、うがいをすることで、歯にきちんと付着する、ということがあるわけです。

うがい薬として、服用した後は、しばらく、飲み物など飲まずに、そのまま睡眠をしたりしておくことが、重要だと言えるでしょう。

 

もちろん、このような方法が不安であるという人は、歯科医院に行って、フッ素を直接塗ってもらう、ということもできるようです。

年に数回塗るだけで、効果が持続するということは、日頃の手間を考えれば、歯科医院で直接塗ってもらった方が、割合、楽かもしれませんね。

特に、生えたばかりの歯は、抵抗力が非常に弱く、このようにしてフッ素を塗り込むことで、歯の強化に役立てることができるわけです。

いずれの方法も、年齢によって、選択する方法が大きく異なってきますので、しっかりと、薬が効くようにするためにも、適切な専門的知識を持った人に、相談をすることを、お勧めしたいと考える次第です。

 

フッ素の注意点

フッ素は、自分自身が生きている、自然界にあるものの一つで、お茶などにも含まれていることが多い、と言われており、単に病気の予防に必要なだけではなくて、一般的に、健康な骨を作るために、必要な成分である、と言われているのです。

フッ素は、歯の溶け出したエナメル質を修復し、再石灰化を促進してくれるわけです。このような循環が出来上がることで、虫歯に強い歯が作られることになるということは、テレビのバラエティなどでも、指摘されることが多くなってきたように、感じます。

また、プラークが生み出す、酸性の環境をなるべく抑えることができるのも、フッ素の効果のひとつだと言えるでしょう。

しっかりと抑えることができたならば、虫歯は、ほとんど発生しない、と言えます。

 

では、このようなフッ素を、どのようにして取り入れれば良いのか、ということが頭に浮かぶと思いますが、なによりも、簡単に摂取できるのは、フッ素が配合されている歯磨き剤だ、と言えるのではないでしょうか。

このような、歯磨き剤を利用することで、非常に少量ながら、大きな効果を生み出すことができます。

何度も何度も、フッ素を含んだ歯磨き粉を利用することで、虫歯や歯周病といった、恐ろしい病気への、抵抗力をつけることができる、ということは、とても魅力的だと言えるでしょう。

一つ、注意しなければならないのは、子供に、どれくらいのフッ素の量を上げるのか?ということは、きちんと医師の相談を受けた上で、しなければならないということは、忘れないでおくことが重要です。

他にも、フッ素の摂取の方法としては、うがい薬のような形で、摂取する、という方法があるようです。

うがいのような形で摂取するというのは一番簡単かも知れませんね。